新年明けましておめでとうございます。

平素はひとかたならぬご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、ご承知の通り、昨年、世相を表す漢字として「新」という字が選ばれました。選出理由は、「新しいことに期待し、恐怖を感じ、希望を抱いた年。新しい時代に期待したい」との事だそうです。
弊社の電子署名サービス「ネットなつ印」は、昨年8月に満3年を迎えました。また同時期に新機能である単一署名機能を追加致しました。
弊社はこの3年間余り、電子契約及び電子署名ビジネスの啓蒙活動に積極的に取り組み、サービスの拡販を展開して参りました。知名度不足のビジネスを名も信用もないベンチャー企業が展開するとあって、サービスに対するご評価は大変厳しく、苦悩の連続でした。それでも地道に啓蒙活動を続けると共に、サービスの呼称、説明資料、社員教育、機能追加、ホームページ等を次々に改変して参りました。変わらないのは、「お客様に誠実に対応し、我々を信頼していただく」と言う事でした。そんな中で、昨年は様々な規模や業態の企業様より投資のいらない新(コスト削減)サービスとしてご評価、ご加入を頂戴致しました。ご加入いただいた先様には、耳を疑うような巨大企業様もございました。そして、年末には非常に硬いと評されるマスメディアに弊社サービスが紹介されました。ここにきて弊社は、希望と期待のある「新」ステージに入ったものと感じております。

今年のテーマは「実」です。
社会において電子契約、電子署名に関する認知度、知名度は確実に拡がっております。お客様にはコスト削減で実利益を上げて頂き、弊社は実績を得たいと思っています。現在もサービス導入に向け、いくつかの企業様とお話をさせていただいております。近日中には、某有力企業様とのアライアンスも発表予定です。本年は関係する皆様方と共に実を結ぶ一年にしたいと存じます。

このような新春を迎えることができましたのも皆様方のご支援のお陰です、有難うございます。これを機に社員一同、一層気を引き締め、皆様方のご愛顧にお応えできますよう全力で努力する所存でございます。
今後とも倍旧のお引き立てをお願い申し上げます。
皆様方の益々のご発展とご健勝をお祈り申し上げます。

株式会社 アイセンス
平成22年1月吉日
代表取締役社長 馬場 和幸