Windows Internet Explorer8 をご利用の皆様へのご注意

対象

弊社「ネットなつ印」サービスご利用の皆様のうち、Windows Internet Explorer8 をご利用の皆様

起こりうる事象

電子署名を実施しようとすると、
“指定されたパスが見つかりません。260:WSFileList” と表示される


上記ダイアログで「OK」をクリックすると、
“「署名内容」が指定されていません” と表示される


登録内容の確認画面を見ると「登録文書」のファイルのパスが、
“C:\fakepath\・・・・” と表示されている。


原因と回避策

本件はInternet Explorer8(以下IE8)のセキュリティレベル強化により、添付するファイルのパス(場所)がIE8により「C:\fakepath」に書き換えられてしまうことが原因です。 IE8の「信頼済みサイト」に「ネットなつ印」のURLを登録することで本事象は回避可能です。設定方法については下記をご参照ください。

Windows Internet Explorer8 信頼済みサイトの登録方法