「ネットなつ印」の電子署名データの形式はどのようなものですか?

  • IETFの標準規格であるCMS(Cryptographic Message Syntax)形式です。CMSは任意の形式のデジタルデータに対してデジタル署名、メッセージダイジェスト、メッセージ認証もしくは暗号化を行うために利用することが可能です。CMS形式は、S/MIME、PKCS#12やRFC 3161 デジタルタイムスタンププロトコルといった多くの暗号に関する標準的で主要なコンポーネントとして利用されています。
  • IETF(The Internet Engineering Task Force:インターネット技術タスクフォース)はインターネットで利用される技術の標準化を策定する組織です。策定された標準仕様は最終的にRFCとして発行されます。
  • CMSはRFC 3852により規定されています。(2008年3月11日現在)